# マンガ

【漫画】異世界モノかと思えば、実は…! Twitterで「4万いいね」されたマンガの正体

1.4万RT、4.4万いいねを記録

「ドラゴンの行動を観察する謎の男の話。」

壮大なSFファンタジーのようなマンガがTwitterに投稿されたのが10月6日。その後、この投稿は瞬く間に反響を集め、15日現在で1.4万RT、4.4万いいねを記録している。

この作品はマンガ家・左藤真通の『この世界は不完全すぎる』だ。このマンガがここまで注目を集めたのは、繊細でノスタルジックな絵柄に惹かれたからだけではない。その理由は第1話を最後まで読んでみれば分かるはずだ。

実際に読者からは、

「なんというどんでん返し…!」

「最後にニヤっとさせられてポチっちゃいました!」

など、驚きの展開にハマる声が投稿されている。

ここで簡単に、ストーリーを紹介しておこう。

「極秘に組織された調査隊「王の探求者」(キングス・シーカー)の一員である主人公・ハガ。この世のあらゆる事象を調べ、世界を旅する探究者は村人からも尊敬されていた。任務の一環でドラゴンの襲撃から村を守ることに成功するハガ。成り行きで助けた少女・ニコラと世界を探検することになるが、ハガの真の目的は冒険ではなく…」

これだけ読むと、バリバリのSF冒険ファンタジー。しかし、この物語の核心はハガが旅する理由である「調査」にある。

第3話より

一体、彼らの目的はなんなのか? ぜひその目で確かめてほしい。

『この世界は不完全すぎる』