(C)三田紀房

『ドラゴン桜』三田紀房が「世界標準のスイング」体得に挑戦!

人生最後の「ゴルフスイング改造」計画
ゴルフを始めた当初は順調に縮んだスコアが、100前後でピタッと止まってしまった──。そんな悩みをもつゴルファーは少なくないだろう。

じつは、漫画家の三田紀房さんもその一人だ。漫画家仲間に誘われて17年ほど前にゴルフを始めると、すぐに100切りを達成。1年半後には91を出したものの、スコアはそこで止まってしまい、ベストスコアはいまも91のままだという。4、5年前からはボールが左に曲がるようになり、最近は100を切るのもままならないそうだ。

そこで今回、世界標準のスイングが身につく科学的ゴルフ上達法』シリーズがベストセラーとなっている板橋繁コーチに臨時指導を依頼。短期集中レッスンをおこない、G1メソッドによるスイング改造に取り組んでいただいた。

果たして三田さんのスイングは、どのように変化していくのか。計4回に渡って、レッスンのようすをレポートする。

(取材・文/水品 壽孝)

【写真】三田紀房さん 「世界標準のスイング」体得に挑む三田紀房さん。『ドラゴン桜』『インベスターZ』『アルキメデスの大戦』などヒット作を多数、生み出してきた

「いままで習ってきたことは何だったの!?」

板橋 最近はどんなことにお悩みですか?

三田 4、5年ぐらい前から、急激に左に曲がるようになりました。曲がり出すと止まらず、1日中左に行ってしまう感じです。ドライバーが左45度の方向に飛び出し、そのまま隣のホールに飛んでいってしまうこともあります。

板橋  ほとんどのアマチュアゴルファーがたどる道ですね。ゴルフを始めた当初はスライスで悩み、手を返してボールをつかまえにいくようになると、左に引っ掛けが出るパターンだと思います。

三田 これまで何人かの先生のレッスンを受けましたが、ある先生から、「体の正面で手を返して打つように」と教わりました。「フェイスを開いて、閉じる」と、口を酸っぱくしていわれたのです。先生のいうことは素直に聞かなきゃと思うタイプなので、それを一生懸命やろうとしていたら、どんどんおかしくなってきちゃった(苦笑)。

【イラスト】一生懸命やろうとしたんだけれど©三田紀房

板橋  手を返してボールをつかまえにいくと、タイミングによって方向性がバラツキます。また、手打ちになるため、体のエネルギーを効率的に使えず飛距離も出ません。典型的な日本人ゴルファーのスイングです。

いまの世界標準のスイングのキーワードは、ノーリストターンとハンドファースト。手を返してクラブヘッドを振ってはダメで、つねにグリップがクラブヘッドに先行します。ダスティン・ジョンソン選手やブルックス・ケプカ選手、ローリー・マキロイ選手をはじめ、世界のトップ選手たちはみな、「ノーリストターン&ハンドファースト」のスイングを実践しています。

【写真】G1メソッドのキーポイントG1メソッドのキーポイント

三田 板橋さんの『世界標準のスイングが身につく科学的ゴルフ上達法』を読ませていただきましたが、過去に教わってきたこととは“真逆”のことが書いてあり、ビックリしました。「いままで習ってきたことは何だったの!?」という感じです。

板橋  G1メソッドはいま、世界で主流になっているスイングを、やさしく身につけるための方法です。G1メソッドを実践すれば、必ずスイングは変わります。では、さっそくレッスンを始めましょう!

まずはワッグルから

第一回目のレッスンがおこなわれたのは、三田さんの自宅地下にある練習場。実際に存在するコースのロケーションそのままにプレーでき、打球の球筋や飛距離も確認できるゴルフシミュレーターが設置されている。

板橋コーチはまず、何もアドバイスをせずに、いままでのスイングで三田さんにボールを打ってもらった。使用クラブは7番アイアン。ボールは最初から左に打ち出され、フック気味にフェアウェイの左に飛んでいく。三田さんが悩んでいるという「引っ掛けボール」だ。

【写真】スイングをチェック まずは三田さんのスイングをチェック

三田さんのスイングを見た板橋コーチが最初に指摘したのは、「スイングのカタさ」だった。