photo by gettyimages
# エンタメ

なぜ「吉高由里子」は主演を務め続けられるのか? 「失敗しない」「谷間の星」「番宣」という3つの業界評価

代表作はすぐに思い浮かばないけど…

「今、最もテレビ出演している女優」と言えば、断トツで吉高由里子だろう。

photo by gettyimages

7日に放送されたスペシャルドラマ『東京タラレバ娘2020』(日本テレビ系)、11日にスタートしたドラマ『危険なビーナス』(TBS系)、23日公開の映画『きみの瞳が問いかけている』の番宣で、その姿を見る機会が急激に増えている。

吉高と言えば、すでに女優歴15年を超え、プライム帯の初主演ドラマ『美丘 –君がいた日々-』(日本テレビ系)からちょうど10年を数える中堅俳優。さまざまな職業を演じても、既婚・未婚の役も違和感のない32歳という年齢も、連ドラの主演やヒロインにふさわしい。

しかし、検索窓に「吉高由里子」と打ち込むと、予測ワードに「蛇にピアス」というメジャーになる前の12年前に主演を務め、ヌードを披露したことで知られる映画のタイトルが真っ先に表示されるように、「代表作は?」と言われると浮かばない人が多いのではないか。

 

もちろん朝ドラファンなら2014年の『花子とアン』(NHK)を挙げるだろうが、その後に主演を務めた2017年の『東京タラレバ娘』、2018年の『正義のセ』(日本テレビ系)、2019年の『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)、2020年の『知らなくていいコト』(日本テレビ系)は、そのほとんどが世帯視聴率1桁に終わるなどヒットしたとは言い難い。

それにも関わらず、なぜ吉高由里子は主演やヒロインを務め続けられるのか。掘り下げていくと、単に世帯視聴率では測れない吉高の強みが浮かび上がってくる。