Photo by gettyimages

土俵に上がる気にもなれない…相撲界、コロナで「67人が休場」の危機

新弟子もやってこない

角界の「緊急事態宣言」

「9月13日から始まった秋場所では、深刻な事態が起きています。初日から67人もの力士が休場しているのです。

こんな状態が続けば、角界の存続にかかわる。11月の九州場所以降、大相撲はどうなるのか。角界はいま、岐路に立たされています」(相撲ライターの西尾克洋氏)

 

9月10日に玉ノ井部屋でクラスターが発生、24人もの新型コロナ感染者を出した相撲界。だが現在、さらなる危機に晒されている。

初日から白鵬、鶴竜の両横綱が休場を表明。「二枚看板」に続くように幕下、三段目など次代を担う若手力士たちが休場を決め、その人数はここ10年で最多に及んでいる。

稽古の風景。三密は避けられない(Photo by gettyimages)

そもそも、相撲界の新型コロナとの相性は最悪。

裸の男が激しくぶつかり合い、若い衆は大部屋で集団生活を送るのが掟の世界において、力士たちは常に「3密」に身を置いている。それだけ、危険と隣り合わせなのだ。