写真はエアアジアの機体/photo by gettyimages
# 航空

エアアジア・ジャパン撤退で早まった「地方空港消滅」のカウントダウン

LCCの撤退ラッシュがやってくる…?

LCCは地方活性化のカギ

「半沢直樹」でもテーマになった、航空会社の立て直し。モデルがかつて経営破綻に陥った日本航空であることは明らかだが、コロナ禍において、現実の航空業界の窮状とダブって見えた人もいるだろう。

LCC航空大手のエアアジア・ジャパンが、事業継続を断念して12月に全路線廃止を決定した。マレーシアのエアアジアと楽天などの提携によって生まれたエアアジア・ジャパンは、2014年の設立から6年で姿を消すことになった。

2012年の初上陸時とはパートナーを替えて生まれかわったエアアジア・ジャパン/photo by gettyimages
 

群雄割拠のLCCで、エアアジアに乗ったことがない人も多いかもしれない。だが、1社の消滅が、特に財政の厳しい地方空港に大きなダメージを与え、ひいては「空港なし県」出現の危機を招く可能性があるのだ。

航空業界に詳しいアナリストはこう言う。

「全国には97もの空港があり、特に多い国と言えるでしょう。ですが、そのほとんどが赤字で、自治体に支えられている状況です。そのようななかで、外国人旅行客の増加やLCCの普及は強い追い風になっていました」

エア・アジアは巡航していないが、山形・庄内空港の例をみてみよう。庄内空港の発着便はは1日10便、航空会社はANAとジェットスターのみだ。しかも現在、ANAは発着便8便のうち4便を運休にしている。

実際、庄内の地元の人に話を聞くと、次のように言う。

「あ、ジェットスターの便復活したんですか?よかった…。LCCの発着便は命綱。成田から庄内は1時間足らずのフライトで、飛行機がなければ東京から来るのは不便な場所。ANAを利用するのは出張や里帰りの人が多くて、地元で観光しておカネを落としてくれる人は、やっぱりLCCを利用して来る人が多いですね」