@allisonstokkeより引用

「美しすぎるゆえの地獄」を味わった、棒高跳び選手アリソン・ストーキーのその後

1枚の写真がきっかけで…

望まない形で注目された

アリソン・ストーキーという陸上選手をご存知だろうか? 1989年生まれのアリソンは、幼いころからスポーツの才能に恵まれ、子供のころは体操を習っていたが、その後、自分にあった競技として棒高跳びに転身した。

もともとポテンシャルの高かったアリソン。15歳のときに地元カリフォルニア州で行われた選手権で当時の歴代記録を更新し一躍脚光を浴びる。しかし注目されたことによって、長きにわたり悩まされることになる。

その美貌ゆえにアスリート人生を翻弄されたアリソンのこれまでを、資料をもとに解説する。

アリソンストーキ(Photo by gettyimages)
 

きっかけは彼女が17歳の時の出場した大会でのことだった。

観客のひとりが撮った写真を無断でインターネット上に流し、皮肉なことにその風貌よさのみが一人歩きして一躍脚光を浴びることになってしまったのだ。人気ブロガーがたった一枚の写真載せたことで、アリソンは自分が望まない形での「センセーショナルな渦」に巻き込まれる。

またたく間にその写真は拡散され、当時の席巻していたインターネットコミュニティサイトの『Myspace』にはファンサイトが立ち上げられた。ここにはアスリートとしてのアリソンを評価するのではなく、その容姿を評価する書き込みや写真などが載げられていた。