〔PHOTO〕gettyimages

「脳をえぐり取った」「ヒトラー支持」…ノーベル賞の「知られざる闇」

「東大vs慶應」の派閥対立も起きた

今年もノーベル賞の季節がやってきた。称賛する記事はほかに任せるとして、ここでは、同賞をめぐる“知られざる暗黒面”に焦点をあててみたい。

はじめに、ドイツの物理学者、フィリップ・レーナルト(1862〜1947年)の発言を読んでいただこう。1905年の物理学賞受賞者だ。

「ユダヤ人の側からの自然研究の有害な影響のきわめつけの例は、アインシュタインの理論であって、(中略)このユダヤ人を<良きドイツ人>と考えることが、非学問上の関係においてもいかに誤ったものかを見ず、あるいは見ようともしないで、この<相対論ユダヤ人>をドイツに住みつかせたのは、なんとしてもけしからぬ話で、非難せざるをえない」(山本尤『ナチズムと大学』より引用)
〔PHOTO〕gettyimages
 

ヒトラーを支持した「ドイツ物理学」

そう、このレーナルトは、強烈な反ユダヤ主義者でもあった。そして、アインシュタインらの理論物理学に対抗するかたちで「ドイツ物理学」を提唱。科学は、インターナショナルでも中立的でもなく、人種的・血統的に規定されているとしたのである。

現在からみれば「トンデモ」以外のなにものでもないが、時代は追い風になった。ナチ党が1936年に科学賞を創設したとき、レーナルトはまっさきにその対象者となったのだ。彼は1924年にヒトラー支持を表明していた。ヒトラーが政権を握ったのが1933年だから、これはかなり早い行動だった。