さまざまなシーンで使える英語を随時アップしているInstagram「超絶シンプル英会話 @english.eikaiwa」も人気のオンライン英会話スクール講師・mamiさんによるFRaU web連載「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」(毎週金曜更新)。

今回は、切符売り場の列に並んでいるときに、何の列なのかを外国人に確認された・質問されたときに使える返答フレーズをご紹介します。覚えておくと、突然の質問にもサッと対応できますよ。

今までの英会話レッスンはこちら▶︎

★mami流・英語を話すときの心得★
「間違えないように言わなきゃ」と気負う必要は全くありません。一番大事なのは「相手に伝えること」。カタコト英語でも問題ナシ! 「英語がしゃべれないから...」と、困っている外国人を見て見ぬふりせず、積極的に話してみましょう。

「これは切符を買うための列ですか?」と聞かれたときに使えるフレーズ

“ Is this the line to buy tickets? 
「これは切符を買うための列ですか?」 駅の切符売り場、美術館や遊園地などの切符売り場の列に並んでいるときに、外国人にこう聞かれたらどう答えますか? 初心者でも使えるとっさの一言をご紹介します。

【1】 Yes, the end is there.
はい。最後尾はあちらです。

【解説】「最後尾」は「end」という単語を使って表せます。「there」(そこに)はこのフレーズの他にも、道や場所を説明したいときに使えます。便利なので、一緒に覚えておきましょう。

【2】 Not this one. That one.
いいえ、ここじゃなくて、あっちの列です。

【解説】「this one」(これ)「that one」(それ/あれ)は、そのものを指さしながら使う言い方で、これに「not」をつけるだけで「これ/それじゃない」と言うことができます。

【3】There’s also a ticket machine.
券売機もありますよ。

【解説】自動券売機でもチケットが買える事を言いたいときに使えるフレーズ
列にたくさん人が並んでいて券売機で買う方が速いときは、このように教えてあげましょう。そのほかに「You can buy it there, too.」(あっちでも買えますよ)と言ってもOK。

.                

今週はここまで。mamiさん監修「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」は毎週金曜日に更新!

\毎日18時に今日の問題が届く/
LINE「身につく英会話 無料講座」▶

\使えるフレーズを日々アップ/
Instagram「超絶シンプル英会話」▶

\スマホで楽々、英語が身につく/
mami公式「オンライン英会話スクール」▶

1回で伝わる 短い英語(KADOKAWA)
非ネイティブが7割を占める現代では、ペラペラと流暢な英語を話しても、通じないことがほとんど。反対に、誰にでも伝わる短い英語を身につける必要があります。ドバイのエミレーツ航空でCAとして何万回とリアルな英会話を実践してきた著者が、現地で聞いて、使って、通じた、本当に必要な「短い英語」をセレクト。日常会話、海外旅行、接客。あらゆるシーンで使える短い英語をカバーしています。