1話で悶絶した絶大なる可愛さと色気

今までに放送された1話から3話までは、録画して、何度も繰り返し観てしまった。
春馬くんの細やかな演技、表情のひとつひとつも見逃さないように。

第1話で、何といっても見処だったのは、バーで元カノに甘える春馬くんの可愛さだ。

-AD-

自分を振って他の男と結婚しようとしている元カノの肩に頭を預け、
「会いたかったから、会えたんだもん」と、子どもっぽい口調で拗ねる慶太。
普通なら、「30男が何を甘えとんじゃ~~!?」とドン引きするところだが、それを許せてしまうのは春馬くんならではだ。

長いまつ毛にふちどられた大きな瞳で、上目遣いに「やっぱり好き」とささやくシーンでは、思わず「ぎゃ~~っ」と叫びそうになった方も多いのではないだろうか。

女子のハートを一瞬で虜にする、春馬くんの可愛さと色気のすさまじさよ!
『コンフィデンスマンJP』のジェシーじゃないが、彼が結婚サギ師だったら、コロッとだまされてしまいそう……。

2016年、自身も主役のローラ役を演じたブロードウェイミュージカル「Kinky Boots」LAプレミアにて。ピュアで可愛い目に見つめられたら、確かにコロリといってしまう…Photo by Getty Images

『カネ恋』というドラマでは、ラブやコメディだけでなく、様々な人間の気持ちや成長も、真面目に丁寧に描かれている。

お金がないことに悩む後輩ガッキー(北村匠海)の苦労を知った慶太は、1話の最後に少しだけ変わり始めた。
一度に100万円以上の買い物をポンとカードで一括払い。ランチにも食べきれないほどのお弁当や飲み物を買いまくっていた慶太が、一杯180円のかけそばを食べて微笑むエンディングが、とても好きだ。

お蕎麦をかみしめながら、じんわりと笑みを浮かべる慶太の横顔が美しく、心の変化が手に取るように伝わってくる。