2020.11.03
# スイーツ

「流行る3つの理由」を兼ね備えた「レモンパイ」ブームがじわじわ来てる…!

タピオカブームの次はこれ?
矢崎 智也 プロフィール

理由1 流行は20年周期で繰り返す

ファッション業界では「トレンドは20年を周期にくり返す」というのが常識だ。

これには2つの理由があり、1つはメーカー側の働き頭である30代の人たちが、学生の頃に何に憧れていたかを思い出しながら、今の技術や情勢、オリジナリティーをプラスして商品を仕掛けていくから。

そして2つ目に、流行には「新しさ」という視点が必要になるが、トレンドの中心となる10代〜20代前半の学生にとっては、そうして作られた商品は「初めて見るもの」に映るのだという。

つまり、前回の流行を知るメーカー側と、トレンドに敏感な若年層の嗜好が、20年周期で合致するタイミングがあるのだ。

たしかに、2010年はバブル風の服装が流行していたし、現在はアムラーと韓流を足して2で割ったようなファッションが人気を集めている。

吉祥寺「多奈加亭」のレモンパイ/筆者撮影
 

では、レモンパイについて見てみよう。

レモンパイといえば月野うさぎ(セーラームーン)の母親の得意料理だったり、毛利蘭(名探偵コナン)の得意料理であったように、平成初期にはよくアニメや漫画に登場し、30代にとっては憧れのスイーツであった。

筆者も子供時代にそれらの作品に触れ、心の底から「食べてみたい」と思ったものだ。しかし、徐々に扱うお店は減り、今では見ることがほとんどない。そのため10代の人にとっては目新しいスイーツに映るだろう。

SPONSORED