浅草「洋菓子レモンパイ」のレモンパイ/筆者撮影
# スイーツ

「流行る3つの理由」を兼ね備えた「レモンパイ」ブームがじわじわ来てる…!

タピオカブームの次はこれ?

「固めプリン」「クリームソーダ」に続き…

マシュマロのようなメレンゲに、ツンと鼻へ抜けていくレモンの酸味、内側はしっとり外側はパリパリのパイ。

お店で買ってきたものなのにどこか温かみがある。ああ、レモンパイが食べたい!

浅草「洋菓子レモンパイ」のレモンパイ/筆者撮影

前代未聞のタピオカブーム、街にはたくさんのタピオカ専門店が立ち並び、どのお店を覗いても大行列。そんな爆発的なタピオカブームも終わりに向かう中、次に大ブームになるのはバナナタルトか?チーズティーか?カレーパンか?と言われていた2020年初期、コロナの影響で飲食業界が大打撃を受けてしまい、それどころの話ではなくなってしまった。

しかし、コロナの影響も徐々に落ち着きはじめた昨今、2021年を見据えて次はどのようなグルメが来るのだろうか?

グルメ系インフルエンサーの観点からすると、現在じわじわとカフェ好きの間で人気が高まっている「固めプリン」、「クリームソーダ」の流行がまだまだ続き、そして今回詳しく解説する「レモンパイ」が来ると読んでいる。今回はその理由を挙げていきたい。

 

SNSと相性の良いスイーツ

昨今のトレンドグルメとなるとSNSと相性がよいことが必須条件だが、その点レモンパイはかなり好評だ。というのも筆者が2020年9月27日にレモンパイに関する投稿をしたところかなり伸びた。

投稿してものの数日でリツイート数が2万を超え、インプレッション数は350万、エンゲージメント数は70万以上にも上った。これはTwitterの中でもかなり大きいバズとなり、追随するようにレモンパイの投稿をする方も増えてきている。

これは、ただ闇雲に投稿したわけではなく、レモンパイにある一定の「流行る理由」があったからこそ、ここまで大きな反響があったのだ。