100年前から変わらない車のワイパー、じつはこんなに進化していた

はじめは手動で動かしていました

“自動車のドアミラーがなくなる“という噂を聞いて、ふと思いました。

「ワイパーって、かなり昔から形が変わっていないかも?」

フロントガラスの視界をクリアにし、安全運転を支えてくれる名脇役的存在のワイパー。 普段、何気なく使っているこの部品が、形を変えずにずっと使われ続けている理由を教えてもらうために、60年以上に渡ってワイパーゴム(ガラスと接するゴムの部分)を開発/生産し続けている、株式会社フコクさんを取材しました。 実は、変わっていないと思っていたワイパーも、日々進化を遂げていた……?

お話を聞かせてくださったのは、ゴム材料の研究開発を担当する茅野貴則さんと、主に性能評価を担当する川島一騎さんです。

基本構造は変わらなくても、日々進化している

──ワイパーは、どうしてずっとあの形なんですか?

川島 自動車用ワイパーが誕生したのはもう100年ほど前。当初は、車に乗っている人が社内のレバーを使って手動で動かして拭くものでした。それからしばらくして自動化し、1960年代には一定時間ごとに自動で動く「間欠式ワイパー」が誕生しました。

みなさんが感じるように、確かにワイパーは目に見えた形は変化していないように見えるかもしれません。でも、見た目にはわかりづらくても進化を重ねてきているんです。

進化のポイントとしてワイパーは、主に金属部分のブレードとゴム、そしてガラスの3つがバランス良く機能して、初めて効果を発揮します。車のデザインは時代によって変化しますが、その3つのバランスを崩さないことが重要なのです。

川島一騎さん

──どんなふうに進化しているのでしょうか?

茅野 たとえば最近の自動車はフロントガラスのカーブが急になってきています。もしもそのまま合わないものを使うと、圧力にばらつきが出て、うまく一律に拭けなかったり、摩擦が強い部分は劣化が早まってしまう恐れがあります。

変に摩擦がかかると動くたびに「キュッキュッ」と音が鳴り、うるさく感じることもあります。そのため、どんな曲面にもフィットするようなワイパーゴムを作ることが求められ続けているのです。

川島 ほかにも、ガラスの表面加工として撥水剤でコーティングされるものも年々増えていて、表面状態に合わせたワイパーを作ることも求められます。ガラスのコーティング剤とワイパーゴムの相性もあるので、幅広い撥水剤に対応できるものも開発していかなければなりません。自動車の進化とともに、ワイパーも柔軟に進化しているんですよ。

 

──ワイパーの形も変わりませんが、動き方も昔から変わっていませんよね。新しい技術開発もされてきたと思いますが、変わらない理由はあるのでしょうか?

川島 近年、雨水だけを取り除くのであれば超音波で水滴を弾き落としたり、という技術もニュースになったりしていましたが、自動車のフロントガラスには、水滴以外に砂や虫、雪や氷など、いろいろなものが付着します。それらを物理的に擦り落とさなければならないわけです。

そのためには、形も動き方も、現在のものが理想的とされています。ちなみに、ワイパーがフロントガラスの汚れを擦り落とすときにはかなり強い力をかけていて、一般的な自動車タイヤの単位面積あたりの圧力の、およそ4倍以上もの力で押し付けられているんですよ。タイヤよりも過酷な状況で使われているとも言えます。