大雪高原エゾ沼の紅葉
# 絶景 # 癒し

【超絶景】美しすぎて息をするのを忘れる! 北海道大雪高原沼の「日本一の紅葉」

コロナに負けるな!from北海道

沼に映り込んだ紅葉がまるで錦絵

日本一早い大雪山の紅葉がピークを迎えました!

さっそく、北海道屈指の紅葉の名所(僕は日本一美しいと思ってます)大雪山高原の沼めぐりに行ってきました。

この沼めぐり登山の入り口「大雪高原山荘」は、旭川駅から車で約2時間、大雪山系の最高峰・旭岳を挟んで、ちょうど裏側に位置します。

登山の前に、山荘の隣にある、ヒグマの動向を毎日監視している「ヒグマ情報センター」でレクチャーを受けてからスタートします。

大雪山は、ヒグマの生息域ですから、彼らと距離をとることは大切なことです。

登山コースは約7kmで、一周5時間程度の軽登山です。

今年は、9月の残暑の影響で、紅葉のピークが10日ほど遅れました。色づきは、彩度を抑えたシックな色合いになっています。

大雪高原・式部沼
同・高原沼
同・大学沼

それでも、この紅葉を見た登山者たちから、「お~~~~!!!」と歓声が沸くほどの美しさです。

針葉樹の濃い緑をバックに、ウラジロナナカマドやダケカンバなどの落葉広葉樹が、赤、オレンジ、黄色に染まって、鮮やかに浮かび上がります。

そして、なんといっても、この名所の特徴は、点在する沼の水面に紅葉が映り込んで、まるで錦絵のような風景が広がるところ。まさに息をのむ美しさです。

大雪高原・エゾ沼
同・滝見沼
同・緑沼

すでに山頂付近では初雪も観測されました。

日に日に気温も低下し、冬が近づいています。

 
大雪山系黒岳に積もった初雪で作られた雪だるま

山の紅葉も、あと半月もすれば、下界に降りてくると思います。