2020.10.13
# 教育

4歳から「インターナショナルスクール」に通った日本人の残念すぎる末路

高校生なのに「小学生レベル」の学力…
宮本 さおり プロフィール

親の間では英語熱は高まる一方だが…

もちろん、日本で育ち、日本の幼稚園に通っても、国語が苦手という子どもはいるが、インターナショナルスクール育ちの子どもの場合、その割合が高まるようだ。

愛知教育大学大学院教授で英語教育が専門の高橋美由紀先生は「親がその子にどう育ってほしいかが重要だ」と話す。

日本の教育で国語を習い始めるのは小学1年生から。ひらがなの勉強から入るため、幼児期の数年を英語漬けの環境で過ごしたからといって、その後の日本語習得にさほど影響は出ないように思うのだが、高橋教授によれば、幼児といえども「影響はある」という。

「例えば、「Th」「f」「v」の発音は、日本語にはない音なので、大人になってから習得することは難しいですが、幼い時期から学ぶことで、これらの発音が自然にできるようになるなど、良い影響を受ける部分もあります。一方で、日本語の読み書きに苦手意識を持ってしまう場合もあります」(高橋教授、以下同)

 

最近は小学校で教科として英語が導入されることが話題となったこともあり、「他の子に後れてはいけない」と保護者の英語熱は高まる一方。

だが、高橋教授は日本の小学校での外国語教育は、まずは外国語(英語)でコミュニケーションを図ることが目的のため、日常生活の全てを英語にするほど英語漬けにする必要はないと話す。

「英語の特質を、体験的な言語活動を通して児童に気づかせ、習得させることが好ましいと思います」

SPONSORED