photo by gettyimages

東証のシステム障害、責任は?補償は?これから起きるヤバいシナリオ

関係者は全員顔面蒼白…?

「冗長化」っていったいなんだ?

「昨日は本当に参りましたね。朝からシステムが完全に停止してて、取引どころじゃなかった。2日からは復活しているといいんですけど…」(個人トレーダー)

10月1日の朝から発生した、東京証券取引所のシステム障害。終日、すべての銘柄で取引が中止され、市場は完全なパニックに陥った。

photo by gettyimages
 

東証は、取引がストップした原因を「機器の故障」と発表。インターネット上ではサイバー攻撃や取引量自体の急増などさまざまな憶測を呼んだ。

現状、会見で宮原幸一郎社長は売買システムのディスク装置に故障があったと発表している。

本当の原因はなんなのか、責任は誰が取るのかが非常に重要なポイントになるが、その前に今回話題になったのが「冗長化」というキーワードだ。

冗長化とは、東証の株式取引システムのようなものの一部になんらかの障害が発生しても、システム全体がショートしないように、待機するバックアップを常備して配置・運用しておくことだ。

 

ネットワークやシステムの信頼性を高めるために導入されるもので、ましてや株・証券・銀行口座など即顧客の信頼に関わるようなシステムでは、特に重要視される。