武蔵小杉の「浸水した高級タワマン」を、売るに売れない30代男性の苦悩

購入時の価格で売るのはもうムリそう…
榊 淳司 プロフィール

被災直後はもちろん、その後半年以上にわたって様々なメディアがその被災タワマンに関する報道を続けた。当然、私のところにもテレビ出演やコメント取材、あるいは原稿依頼が殺到した。

あの台風19号は、国土交通省の資料によると「死者90名、行方不明者9名、住家の全半壊等4008棟、住家浸水7万341棟」という甚大な被害をもたらしている。であるのに、メディアはたかだかエレベーターとトイレが使えなくなっただけのタワマンについて、繰り返し報道を続けた。なぜなら、世間の関心を集めたからだ。

そのおかげで、「武蔵小杉」という街と「トイレが使えないタワマン」のことは多くの人が知るところとなってしまった。

武蔵小杉のタワマン群〔PHOTO〕iStock
 

台風の後、売買がまったく成立しなかった…

報道では、そのタワマンの名称までは出てこない。しかし、ネット社会の今ではそんなこと誰にでもすぐにわかってしまう。

「このマンション、売却は急がれますか?」

男性がこくりとうなづいた。そして、すがるような眼差しを私に向けてくる。

「実はこのマンションは、今離婚協議中の妻と…」

35年返済の「ペアローン」(詳しくは後述)で、5年前に購入したものだとおっしゃる。ということは、お連れの女性は奥さんではなく…後で分かったことだが、別居後にお付き合いを始めた方だった。彼女もどこか不安そうな表情だった。

5年前というと、そのマンションは築7年。さらに言えば、アベノミクスと黒田日銀総裁の異次元金融緩和で、マンション市場が局地的に高騰を始めた年だった。

「おいくらでお買いになったのですか?」

男性から聞いた額は、新築時よりも15%ほど値上がりした水準だった。