武蔵小杉の「浸水した高級タワマン」を、売るに売れない30代男性の苦悩

購入時の価格で売るのはもうムリそう…

「どうしたら売れるでしょうか…?」

マンションというのは、買うよりも売る方が難しい。これはマンション業界に関わる人間たちにとっては半ば常識だ。しかし、一般の方々(我々業界人は「エンド」と呼ぶ。「エンドユーザーの略」)は、そのことをまず知らない。

先日、私の事務所にマンション売却の相談に見えたエンドさんがいた。30代後半と思しきカップルである。

「どうしたら以前のような価格で売れるでしょうか?」

そのエンド男性は、かなり深刻な様子である。

〔PHOTO〕iStock
 

彼が相談を持ち込んだマンションは、昨年(2019年)10月に台風19号が日本を襲った時に、内水氾濫で地下3階の電気室が冠水。建物全体に電力が供給できなくなったことで、エレベーターはもちろんトイレも使えなくなった神奈川県川崎市は武蔵小杉のタワマンである。

「あの物件ですか…」

私は内心、「困ったなあ」と思った。

被災直後、そのタワマンの管理組合は居住者たちに「メディアの取材を受けるな。何も話すな」とかん口令的な指示を出したと言われている。

私は今でも、あれはいかにもまずかったと思っている。取材で現地に殺到した各メディアは、情報を求めて右往左往した。公開空地になっているそのマンションの敷地内に入っただけで、居住者の誰かに「入ってくるな!」と怒鳴られた記者もいた。

そういう広報対応では、記者たちがそのタワマンのことを同情的に捉えるはずもない。