豊臣秀吉(高台寺蔵)

数字で検証する、豊臣秀吉「中国大返し」のリアルな難易度

消費エネルギーは自衛隊の訓練レベル

1582(天正10)年6月2日未明、明智光秀が主君の織田信長を襲って自害させた本能寺の変は、いまだに光秀の動機が不明なため日本史上最大のミステリーともいわれているが、その光秀を討つため、中国地方で毛利氏と交戦中だった羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)が常識外の速さで京都に引き返した、いわゆる「中国大返し」もまた謎めいている。

それは事前の準備がなくとも可能だったのか? 不可能だとしたら、なぜ秀吉は準備していたのか? この問題は本能寺の変の「真相」を考えるうえでも重大な意味をもち、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』のクライマックスではどう描かれるかも注目されている。

歴史の謎を科学で解き明かした『日本史サイエンス』の著者が、リアルな数字を積み重ねて、中国大返しの本当の難易度を推定する。 

 

1日の移動距離は約30km

まず中国大返しでは、出発日や、1日にどのくらい歩いたのかなどは諸説あって、いまだに確定していません。はっきりしているのは、ゴールの場所と時間です。秀吉は6月13日の朝には京都の山崎に布陣し、光秀との戦いに臨んでいるからです。

ではスタートはいつだったか。秀吉が本能寺の変を知ったのが3日夜、毛利氏と講和を結び、攻略中だった備中高松城(岡山県)の城主・清水宗治を切腹させたのが6月4日午前でした。しかし4日のうちに出発できたかといえば、さすがに早すぎる気がします。さりとて5日には出発していたいところで、6日に出発して実質7日間で山崎に着くのは、ほぼ不可能と思われます。

以上から私は、秀吉は5日の午後に備中を発ったと考えます。