〔PHOTO〕gettyimages

東出昌大、渡部建、瀬戸大也…不倫をすると「公開謝罪」に追い込まれる理由

なぜ離婚の場合は「報告」で済むのか

不倫、すなわち「配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」はある意味究極のプライベートの行為です。

ひとたび発覚すると、一般に世間に対して「公開謝罪」を強いられます。芸能界では東出昌大さんと渡部建さん、スポーツ界では日本競泳界のエースである瀬戸大也選手の「公開謝罪」が記憶に新しい方も多いと思います。

しかし、家族や仕事関係者など迷惑をかけた方に謝るのは納得できますが、一切不利益を与えていない世間に対して謝罪しなければならないのは、今一つ腑に落ちません。

そこで、不倫をすると公開謝罪をしなければならない理由を、「不倫の前提条件」である「結婚」を切り口に、法律の観点に立ち明らかにしてみたいと思います。

〔PHOTO〕iStock
 

「結婚」の本質

憲法は24条で3つの結婚観を唱えています。

日本国憲法24条1項
婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。

まず、結婚が両性の合意のみに基づいて成立することを要求しています。結婚をする者に自由な独立した人格を認め、結婚はそれを基礎とする「一種の契約」であるという結婚観を表明しています。

次に、夫と妻が平等の権利を有することを基本とし、相互の協力によって結婚が維持されなければならないとします。これにより性差別を否定し、夫婦の法的地位の平等と同権を保障しています。

そして、「一夫一婦制」、つまりパートナー関係の独占排他性です。これは、先の2つの結婚観と表裏の関係にあり、近代民法の結婚の本質とされています。