# 寿司

「カリフォルニアロール」の海苔が内巻きな理由を知っていますか

世界的な「スシブーム」のなかで考える
金子 大輝 プロフィール

発想の転換が商機を広げる

たしかにカリフォルニアロールは、日本の寿司の伝統からすれば似て非なるものかもしれない。だが、国が変われば感覚も変わる。

マクドナルドがインドに進出した際、そのままでは売り上げが伸びず、ハラールフードやよりスパイシーなメニューを増やしたい結果、若者の人気を掴んだという。

ビジネスにおいては、こうした柔軟な発想の転換(とそれにたどり着くまでの地道な工夫)が何よりもモノをいうのかもしれない。

 

カリフォルニアロールも、まさに試行錯誤から生まれた新しい文化だ。もちろん今では、冒頭で述べたように海苔や日本人でも生臭いと思うネタを楽しむ外国人は増えているはず。その萌芽となったのが、日本では「邪道」とされた、内巻きの海苔巻きだったのだ。

関連記事