PLASTIC POLLUTION
暮らしとプラスチック

海に流れ込むプラスチックごみは
世界で年間800万トン
=東京スカイツリー222基分

利用後、適切に処理されなかった使い捨てプラスチックが最後にたどり着くのが海。すでに世界の海には1億5000万トンのプラスチックが存在すると言われており、そこに少なくとも年間800万トンが新たに流入していると推定されている。(出典:WWF/日本財団)


日本国内で原料再生される
プラスチックごみはほんの4%

2013年に日本で処分されたプラスチック940万トンのうち、57%が熱回収(焼却して熱エネルギーや固形燃料にする)。未利用が18%、化学的に分解して化学原料にするケミカルリサイクルが3%。世界基準で「リサイクル」と認められている「マテリアルリサイクル」(廃プラスチックから再びプラスチック製品を作る)は22%だが、そのうち約18%を海外に輸出して処理している。国内で「リサイクル」されるのは、ほんの4%ほどだ。(出典:環境省)


日本人ひとり当たりの
使い捨てプラスチック包装ごみの
廃棄量は年間32kg

2018年のUNEP(国連環境計画)の報告書によると、日本の使い捨てプラスチック包装ごみの年間廃棄量を人口ひとり当たりに換算すると32kgで、アメリカに次いで世界第2位だった。新型コロナウイルスの流行によって食べ物のテイクアウトが増えたことにより、さらなる使い捨てプラスチック容器の廃棄量増加が懸念される。(出典:UNEP)


世界で1分間に消費される
プラスチックボトルは1,000,000本

英紙ガーディアンは、2006年に年間約3000億本だった世界のペットボトル消費量が10年の間に急増し、2016年には年間4800億本に達したと報じた。1分間にほぼ100万本、1秒間におよそ1万6000本が消費されていることになり、今後のさらなる増加に警鐘を鳴らした。(出典:The Guardian Jun 28 2017)


人間が1週間に体内に摂取している
マイクロプラスチックの量は
クレジットカード1枚分

オーストラリアのニューカッスル大学の研究チームは2019年、世界中の人が毎週約5g(クレジットカード1枚分に相当)のマイクロプラスチック粒子を水道水などから摂取している可能性を示唆した。1年間に換算すると250g。(出典:WWF)