毎日の暮らしのなかにどれくらいプラスチック製品があるか知っていますか? 使い捨ては便利。でも少しの工夫で環境にも人にも優しい生活ができるんです。完璧じゃなくてもいい、できることからはじめる“プラレス生活”のヒントをご紹介。

まずは、「マイクロプラスチックって何?」「5つの“R”って?」など、プラスチックレス生活をはじめるにあったって、知っておきたいことをピックアップします。

WHAT ARE MICROPLASTICS?
マイクロプラスチックって?

プラスチック製のストローが鼻に刺さって苦しんでいるウミガメの悲しい写真。見たことがある人もきっと多いはず。ほかにもレジ袋やペットボトル、洗剤類の容器など、世界中の海には私たちの生活から出るプラスチック製品が漂い、生き物たちを傷つけています。

現在、陸から海へ流入するプラスチックは世界で年間800万トンとも言われています。さらに近年、世界的に問題視されているのが、海に流れ出たプラスチックごみが紫外線や波によって細片化された「マイクロプラスチック」

大きなごみが海岸に打ち上げられやすいのに対し、マイクロプラスチックは沖合いへと運ばれます。それらは小魚や貝などの小型の海洋生物に取り込まれやすく、食物連鎖によって徐々に海洋生物の体内へ。

近年では東京湾で捕獲されたカタクチイワシの体内からもマイクロプラスチックが検出されていて、人間が捨てたプラスチックが巡り巡って私たちの食卓に影響を及ぼすという皮肉で恐ろしい結果も招いています。

さらに懸念されている問題は、海に漂流するプラスチックが吸着する有害な化学物質。海中には工業化学薬品や農薬などに含まれる有害化学物質が漂っているのですが、プラスチックはそれらを吸着しやすく、海への有害物質の影響がさらに高まる危険性があるそう。

海洋生物の体内にマイクロプラスチックそれ自体がもつ有害物質(プラスチックの製造過程で添加される化学物質)と、海中の有害物質がダブルで蓄積してしまうというわけ。プラスチックは簡単には自然に還らず、海洋生物の体内や海底に蓄積したりして半永久的に地球を巡ります。このままのペースでいけば、将来的には海中のプラスチックごみの質量が魚の質量を上回るという試算もあるほどです。