巨人・戸郷翔征を「急成長」させた、キャッチャー炭谷銀仁朗の熟練のリード

セ・リーグ新人王は森下暢仁と一騎打ち
二宮 清純 プロフィール

新人をリードするベテラン捕手・炭谷

今季、さらに成長した裏には「キャッチャー炭谷銀仁朗の存在が大きい」と鹿取さんは言います。

巨人の炭谷銀仁朗選手[Photo by gettyimages]
 

「まだ、きっちりしたコントロールはない。どの球種も半分以上はストライクがとれる。そんな程度です。それをうまくリードしているのが炭谷。その日、使えるボールと使えないボールをしっかりと見極め、今日の勝負球はこれ、見せ球はこれ、と仕分けしています。

要するにバッターにヤマを張らせないピッチングをさせている。欠点としてはストレートがシュート回転することがあるのですが、これも炭谷が計算して、使う時は高めに外れるボール球にしています。ストライク付近には投げさせない。炭谷がよく考えたリードをしていますよ」

入団当初は「アーム式のフォームを直すべき」という意見もあったようですが、両手を大きく広げ、伸び上がるようにして投げるフォームは、獲物を襲うハゲタカを想起させます。名前の「翔征」のように、さらなる成長が楽しみな20歳です。