写真=半田広徳

上皇陛下の執刀医が教える「肺炎で重症化する人」の危ないサイン

心臓機能の低下がウイルス繁殖を招く

心臓のポンプ機能が落ちると、肺がむくみ、その結果……

気温の低下に伴い、今年の秋から冬にかけては「肺炎」がこれまで以上に注視されています。いうまでもなく、新型コロナウイルスによる重症肺炎で重症化する人が相次いだことからです。

写真=iStock

そもそも肺と心臓は“セット”といえる臓器ですから、肺炎は心臓病とも深く関係しています。心臓の働きが落ちている患者さんには、普段から肺炎に気をつけるよう指導しています。

心臓のポンプ機能が衰えると、肺から心臓に血液を送る際にそれだけ大きな力が必要になり、肺静脈の血圧が高くなります。すると、肺にうっ血(むくみ)が起こり、細菌やウイルスが繁殖しやすくなるのです。

 

反対に、肺炎になると心臓の機能も落ちてしまいます。肺に炎症が起こると熱が出て全身が消耗し、心臓が普段より余計に働かなければいけなくなって負担が増大するからです。さらに、肺炎によって血液の成分が壊れて正常でなくなったり、細菌性の場合は白血球が増加して全身にさまざまな炎症を招きます。

そうしたいくつもの要因で心臓に負担がかかり、もともと心臓にトラブルを抱えていると状態が悪化してしまうのです。

発熱で脈が速くなり、心臓に負担がかかる悪循環に陥る

心臓にとくに問題がない人が肺炎にかかることで心臓病を発症することは、まずありません。ただ、高齢者の場合は肺炎による発熱がきっかけになって、心房細動を招くケースはあり得ます。

熱が出ると頻脈になり、脈が異常に速くなると心臓に負担がかかって、とくに高齢者では心房細動の要因になるのです。また、頻脈によって肺にうっ血が起こり、さらに心臓の機能が低下する悪循環に陥ります。