【マンガ】アラサー独身女が、老後資金2000万円を貯めるのは「無理ゲー」かもしれない

カネなしアラサー、おふたりさまぐらし第1話

定年までに2000万って普通に無理じゃない?

〈年金以外に老後資金として2000万円が必要〉

2019年、金融庁による衝撃的な報告書に、全国民が驚愕したことは記憶にあたらしい。どうやらこれからの日本国民は2000万を貯めた状態でリタイアしないと家計がピンチになるらしい。

「いやいや、そんなカネないよ!」

「どう考えても無理ゲーでしょ」

若者の間でもそんな声が聞こえ始めた頃、同じ危機感を抱く、二人のアラサー独身女性がいた。

一人は手取り25万円ほどで一人暮らしするも、オタク趣味の散財が原因で貯金がまったくないwebデザイナー。もう一人が手取り23万ほどながら、イケメンアイドルへの愛が強すぎて遠征続きの事務職OL。

そんな老後に不安を抱える2人のアラサー女が、娯楽への散財を極力絞らずに、不足の老後資金2000万円を捻出しようと奮闘する物語『カネなしアラサー、おふたりさまぐらし~健康で文化的な老後のための資産形成物語~』がPalcyで掲載中だ。

本作を担当する編集者は、真剣な面持ちで話す。

「世間に衝撃を与えた『老後2000万円問題』。そのニュースに危機感を抱いた方は多いのではないでしょうか。かくいう私自身もそのひとりでした…。

老後に対する危機感はあるものの、一体何から手を付けたらいいのかわからず、学ぼうにも世の中の本は難しすぎる…。もっともっと小学生でもわかるように教えてくれればいいのにと、常日頃から思ってきました。

そんなちょっとずぼらな『お金の初心者』のために、『投資信託』『ふるさと納税』『保険の見直し』など、知りたいけど調べるのはめんどくさいなというお金の話をわかりやすく一冊にまとめました」

本作のポイントは「娯楽への散財を極力減らさない」という点だ。いくら老後のためとはいえ、健康で文化的な日常生活に影響があっては元も子もない。あくまで、日々を楽しく、無理せず、推しへの愛を忘れずに、2000万円を貯めようとするアラサー女性の生きる知恵が詰まっている。

第1話では、2000万円問題を受けて、早速緊急会議を始める2人の様子が描かれている。65歳までの残り35年間で2000万円を貯めるために必要な月の貯金額を計算したところ……。何があっても毎月「4万7620円」を貯め続けなければいけないことが分かった。

出だしから無理ゲー感満載の本作品。果たして、本当に2000万円を貯めることができるのか。

いまを生きる全ての若者たちに届けたいリアルな物語に、今後も注目だ。

 

著者紹介

おののぶし

代表作に『腐女子クソ恋愛本』(講談社)、『カネなしアラサー、おふたりさまぐらし~健康で文化的な老後のための資産形成物語~』(講談社)
Twitter→@namayakeniku

購入はこちらから