小6から高1女子は誰でも無料

子宮頸がんは、主にヒトパピローマウイルス(HPV)が原因で起こる性感染症の一つ。予防に有効とされているのが、HPVワクチンと検診だ。このうちHPVワクチンについては、2013年4月、定期接種がはじまり、小学6年生から高校1年の女子は誰でも無料で接種できるようになった。母子手帳にも、HPVワクチンは、BCG、麻疹ワクチン、風疹ワクチン、水痘ワクチンなどと一緒に定期接種にちゃんと組み込まれている。

下段の囲みにHPVワクチンの項目も入っている。参考資料:日本小児科学会 一部抜粋

ところが、HPVワクチンの接種率は、1%未満と極端に低い

定期接種が始まった当時、接種後に様々な症状が出たとする報告が相次いだ。そのわずか2ヵ月後には、国が自治体に対し、対象者へお知らせを送ることを差し止める通知を出した。その結果、無料で受けられることを知らないままチャンスを逃してしまう人が増えているのだ。

また、保護者の中には、ワクチン=不安という印象が拭えないと訴える人たちもいる。
・健康な体に余計なものを打たせたくない
・クラスのみんなが打っていないのに、踏み切れない
・医師に「怖くないよ」と言ってほしい。背中を押してくれたら打てる

など、打っていない理由はさまざまだ。

「ワクチンを怖いと思うことや、有効性や安全性を疑うことは、決して悪いことではありません。ワクチン接種後に起きた症状が報告されて以降、医師の中にも、ワクチン接種について及び腰になった人はいたのです。私自身も、当時十分な対応ができていたかと問われれば自信がありません。それは真摯に反省すべき点だと思います」
こう語ったうえで、今西さんは次のように説明する。

世界中でたくさんの研究が行われ、HPVワクチンの安全性や有効性について医学的なエビデンスがそろってきました。重篤な有害事象が起こる頻度は、HPVワクチンを接種した人と接種していない人で変わらないこと。それに、思春期特有の心身症というものがあり、それらがワクチン接種後に起きたとされる症状と似通っていて、誤認されやすいこともわかってきました。

保護者のみなさんにワクチンに対する信頼性を取り戻すためにも、医療者がエビデンスに基づいた情報をわかりやすく説明していくことが大切だと思っています。ワクチン接種には、それぞれベストな時期というものがあります。小児科医が、小学5〜6年生が接種する二種混合ワクチン接種の際に、“次はHPVワクチンの接種があるよ”と伝えていくことも、有効だと考えています」