〔PHOTO〕Gettyimages

中国・10月の5中全会で「習近平半永久政権」が実現する可能性

カギを握る2人の去就に注目する

「5中全会」の主要議題

10月1日、中国は「双節」(シュアンジエ)を迎える。国慶節(建国記念日)と中秋節(旧盆)が偶然、重なった「二つの祝日」である。

今年の中国は、「庚子(かのえね)の大厄」(60年に一度の庚子の年には大厄がやって来る)という言い伝えの通り、冬の新型コロナウイルスと夏の豪雨被害で、まさに「大厄の年」となっている。アメリカとの間で勃発している「新冷戦」も、これに加えてよいかもしれない。

それだけに、10月1日からの7連休は、14億中国人が久々に骨休みできる時節となる。だが連休が明けると、「政治の季節」がやって来る。「5中全会」(中国共産党第19期中央委員会第5回全体会議)である。9月28日夜に出された新華社の速報によれば、10月26日から29日までの開催が決定したということだ。

〔PHOTO〕Gettyimages

中国共産党は5年に一度、秋に党大会を開くが、党大会が開かれない年は、全体会議を開く習慣がある。今年10月に「5中全会」を開くことは、7月30日の中央政治局会議で早々と決定し、発表されていた。

さらに「5中全会」での主な議題は、次の3点であるとも公表している。

1)中央政治局(トップ25)から中央委員会(トップ約400人)への報告
2)「国民経済・社会発展第14次5ヵ年計画」(2021年~2025年の第14次5ヵ年計画)の策定
3)2035年の長期目標の建議

1)は人事、2)は経済、3)はアメリカ対策と置き換えてよいかもしれない。実はこの3点は、相互に連関しているため、一つと言ってもよい。つまり習近平路線を、この先も継続していくかどうかである。

現在の習近平総書記の任期は、2022年秋の第20回党大会までで、国家主席の任期は2013年3月の全国人民代表大会までである。どちらも「2期10年」という慣例に従うならば、「革命第5世代」の核心である習近平総書記・国家主席は、2022年秋から2023年春にかけて引退し、「革命第6世代」の後身に道を譲ることになる。

だが、習近平総書記(国家主席)は、明らかに引退する気がない。おそらくは、2035年までの長期政権を敷きたいと考えている。

 

なぜ2035年までかと言えば、これも推測だが、この年、自分が82歳を迎えるからだ。82歳は、習総書記が誰よりも尊崇の念を抱き、何でも真似ようとしている「建国の父」毛沢東主席が死んだ年齢である。だからこそ今回、わざわざ3)の2035年までの長期目標を定めようとしているわけだ。「ここまではオレがやるぞ」という習総書記の意思表示である。