山口達也さんは「アルコール依存症の可能性が高い」…では何をすべきか?

「著名人自助グループ」につながってほしい
田中 紀子 プロフィール

「著名人自助グループ」の存在

では、山口達也さんはどの自助グループに参加すべきであろうか?

元野球選手の清原和博さんや、俳優の高知東生さんらが著書やテレビ番組で発信されたが、日本にも著名人の集まる自助グループが誕生した。山口さんは、やはりこのグループにつながることをお勧めする。

メンバーは薬物依存の方が多いが、依存症は何に発症したか種類の違いはあれど、根本の問題は共通している。またこの自助グループで使われている回復プログラム「12ステップ」も何の依存症であろうと実践することは同じである。

ここで「自分は薬物依存ではない」といった違い探しをせずに、おそらく同じ依存症だというところに着目してほしい。

依存症者はプライドが高く、それゆえ生きづらいのであるが「お前らと一緒にするな」というのは、最初は誰もが持つ感情である。私たちのような一市民であってもそう思ったぐらいである。

おそらく山口さんや、もしかしたらその周囲の人もそのような感情を持つかもしれないが、その「否認」を乗り越え、真摯にご自身を見つめ直してほしい。

 

著名人が集まる自助グループをお勧めする一番の理由は、やはりその立場を理解できるからだ。著名人と一般人の依存症者の大きな違いは、何と言っても「誰もが顔を知っている」ということである。

ただでさえ依存症者は自分のやらかしたことを恥じておりこの問題を隠し、触れたくないと思っている。また、社会もまだまだ依存症を理解していないことから、依存症者とわかれば就職はおろか部屋を借りることすら厳しくなる。

よくネットなどでは「芸能界は甘い」などと何も知らない人々が訳知り顔で叫んでいるが、一般人なら回復すればわざわざ依存症のことを伝えなくとも社会復帰はいくらでも可能になるが、著名人の場合はそうはいかない。

自分の過去を日本中の人が知っているので、社会復帰ははるかに厳しい。私などは横で眺めているだけだが、確かに清原さんや高知さんも、仕事に復帰されているが、決して楽な道のりではないと拝察している。

しかし、そういった厳しさや辛さを共有でき、励ましあえることは大きな力になる。

また高知さんが「自分より少し先に執行猶予が満了した清原さんが、執行猶予満了までに訪れる様々な出来事をレクチャーしてくれることが大きな助けになっている」とおっしゃっているが、近い業界で同じ境遇の方々のアドバイスはきっと役に立つだろう。

しかも自助グループで話されたことは絶対に秘密が守られ、外部に漏れることはない。誰にも打ち明けられない、弱みを見せられない立場の人たちが、このような心のオアシスともいえる場所を持てることは、むしろ孤軍奮闘している方々より恵まれた環境を手に入れられるとも言えるのではないだろうか。