〔PHOTO〕iStock

不倫激増…? コロナ危機の中で生まれた「新しいセックス様式」

「量産型女子」が狙われている

新型コロナウイルスがもたらした「新しい生活様式」。飲み会が減り、ライブなど密になるイベントは避けられ、少人数で旅行に行く……。そんなスタイルが一般化したなかで、「セックス観」はどのような影響を受けただろうか。

多くの人は「みんな、セックスをしなくなった」と想像したはずだ。恋愛コラムを書いている私も、同様に考えていた。3密や濃厚接触を避けるなら、セックスという究極の濃厚接触は減って当然だろう。

ところが、現実は予想の斜め上だった。日本のコンドームメーカー、ジェクスが2020年2月の新型コロナウイルスが流行り始めた時期に実施した大規模調査が明らかにした「新しいセックス様式」は、予想を大幅に裏切ったのだ。

〔PHOTO〕iStock

不倫経験者が大幅に増加

以前、私は相模ゴム工業の調査を根拠に、20~30代の男性のうち3割が浮気・不倫をしていると書いた。これは2018年のデータである。今年のジェクスによる調査では、20代男性の54.7%、30代では52.0%が「現在、パートナー(恋人や結婚相手)以外の人とセックスをしている」と答えた。

過半数の20~30代男性が、パートナー以外とセックスをしている。たった2年間で3割から5割になっているなんて、日本は不倫大国になってしまったのか!? と、データを見たときは震えた。

 

……さて、ここで男性ならピンときた方もいるだろう。この調査には「風俗で抜いた」経験も含まれている。したがって、いわゆる不倫・浮気ではなくとも、風俗へ行けばカウントされてしまうのだ。

「風俗も浮気だ!」という意見もあるとは思うが、ひとまず特定の相手と長く関係を続ける、世間一般でイメージされる不倫・浮気以外もこの数字には入っていることはご理解いただきたい。とはいえ、同じジェクスの過去の調査と比較しても「特定の相手意外とセックスした」と答えた比率は男女問わず20%以上増えている。

日本が新型コロナウイルスのもとで謎の風俗大国にでもなっていない限り「浮気・不倫がとてつもない勢いで増えた」のは否定できそうにない。