2020.09.28

科学がもっともっと身近で楽しくなる手帳

科学の基礎知識や豆知識が満載!
ブルーバックス編集部 プロフィール

手帳として持ち歩くときはカバーを替えて

ビニールカバー付きのブルーバックス科学手帳は、紙のカバーを裏面にひっくり返せばブルー表紙の手帳に早変わりするので、手帳として持ち歩くときにはこちらがおすすめです。

このように、カバーの裏面はブルーバックスの「ブルー」をイメージしたカバーになっています。この手帳版カバーには、ブルー以外の色のカバーも用意されていて、特設ページから好きなデザインのカバーのデータをダウンロードできます。

用意されているのは、

・青(ボーダー柄) ※ブルーの別デザイン
・赤(ボーダー柄)
・黒
・白
・ピンク(ドット柄)
・黄(ドット柄)
・緑(スクエアドット柄)
・紺(スクエアドット柄)
・レモン(ボーダー柄) ※2021年の新色
・ライムグリーン(ボーダー柄) ※2021年の新色

の10種類。2021年は明るいレモンとライムグリーンの2色が新しく仲間入りしています。

その日の気分によって、季節によって、カバーを替えて楽しんでください。

特設ページはこちらから↓
https://bluebacks.kodansha.co.jp/books/9784065209257/appendix/


 

関連記事