裏面ダウン&ノーリストターンが身につく“魔法の器具”を作ってみた

集中連載「科学的ゴルフ上達法」特別編
板橋 繁 プロフィール

来たる10月7日、G1メソッドをマスターするための練習キット、「イメージフェイス」と「イメージスイング」が発売されるのだ。上記のような疑問・質問を解消し、スムーズに「世界標準のスイング」を身につけられるよう、オリジナル開発された“魔法の器具”だ。

【写真】オリジナル・キットスムーズに「世界標準のスイング」を身につけられるよう、オリジナル開発された練習キット

「イメージフェイス」は、G1メソッドのクラブさばきと体さばきをマスターするための練習器具だ。イメージフェイスをクラブに装着してスイングすることで、クラブフェイスの向きをつねに自覚でき、正しい体とクラブのポジションが身につくという。

「G1メソッドのスイングをマスターするために最も重要なのは、ハーフウエイバック、トップ、ハーフウェイダウン、Y字インパクトの4つのポジションにおける右前腕とシャフトの位置関係と、クラブフェイスの向きです。

イメージフェイスをクラブに装着してゆっくり素振りをおこなうことで、これらの重要ポイントを簡単にチェックすることができます。

たとえば、トップではイメージフェイスが右肩の後ろ側に移動。右前腕部と平行になり、右手のひらとイメージフェイスは正面を向きます。ハーフウェイダウンでも、右前腕部とイメージフェイスは平行の状態をキープ。右手のひらとイメージフェイスは上を向きます」(板橋氏)

【写真】イメージフェイスをクラブに装着して、重要ポイントをチェックイメージフェイスをクラブに装着して、重要ポイントをチェック

「裏面ダウンの感覚」がわかる

「イメージスイング(スイング矯正ゴム)は、裏面ダウンの感覚を養うことができる。

ヘッドの裏側を地面に向けて、クラブを腰の高さまで落下させる裏面ダウン──。G1メソッドの代名詞ともいえる裏面ダウンを成功させるカギは、「クラブの重さ」を利用することにほかならない。スイング矯正ゴムを装着して素振りをすると、意識的にクラブを振り降ろさなくても、ゴムの張力によってクラブが引っ張られるため、裏面ダウンの感覚をつかむことができ、正しいスイング軌道に自動的に補正される。

「トップではゴムが最も引き伸ばされ、張力によってクラブは地面方向に引っ張られます。そこから右前腕部とシャフトの角度(約90度)をキープしたまま、右ひじを体の前に入れて右前腕部を回外(外側に回すこと)。手を使わず、ゴムに引っ張られるままにクラブを落下させると、正しいポジションにクラブが収まり、裏面ダウンを体感することができます」(板橋氏)

次回からは、この「イメージフェイス」と「イメージスイング」を実際に使ったレッスンの模様をレポートする。いったい、誰がレッスンを受けるのか。そして、そのレッスンの成果はいかに。乞うご期待!

「世界標準のスイングが身につく科学的ゴルフ上達法」シリーズに最新刊登場!

G1メソッドをマスターするために開発された“革新的”練習キットとは?

世界標準のスイングが身につく
科学的ゴルフ上達法 実践編

amazonはこちら

 シリーズ累計11万部突破! 

大人気メソッドの個別レッスンでのみ伝授される超実戦的テクニックを初公開!  「真っすぐ飛び」、「飛距離が伸びる」ドライバーの秘訣とは? バンカーやラフ、斜面から簡単に抜け出す打法とは?

日本の常識を打ち破る、おどろきの理論書に待望の第2弾登場!!


世界標準のスイングが身につく
科学的ゴルフ上達法

amazonはこちら

日本人ゴルファーの99%は間違ったスイングをしている!

飛距離「プラス50ヤード」、スコア「マイナス20」を最速で達成できる大人気メソッドが初の書籍化!!

クラブの設計・構造を最大限に活かす「世界標準のスイング」とは?