お笑いコンビ、フォーリンラブのバービーさんが、日頃感じているモヤモヤや違和感について、自身の言葉で本音を綴っているFRaU web連載「本音の置き場所」(毎月1回更新)。読者からの反響を受けて連載の書籍化が決定し、11月4日に発売されることになりました! ネット書店での予約も受付中です。

連載10回目となる今回のテーマは「バービー流・夢の叶え方」。下着のプロデュースやラジオのパーソナリティなど、以前から目標に掲げていたことを次々と達成しているバービーさん。その夢の実現にはバービーさんにとって欠かせない習慣がありました。

連載1回料理上手なバービーが「男の胃袋をつかみたくない」理由】はこちら

連載2回バービーの「ふたつの顔」とキャラクターの因数分解】はこちら
連載3回バービーが「ノーブラ」で街を歩こうとした理由】はこちら
連載4回バービーが「脱毛」に失敗した切ない思い出】はこちら
連載5回バービーが勝手にマリッジブルーになる理由】はこちら
連載6回バービーが考える「性的同意」には契約書が必要か】はこちら
連載7回バービーが考える「バラエティ」と「いじり」】はこちら
連載8回バービーが「期待されずに育った」事に感謝する理由】はこちら
連載9回バービーが上京を夢見て、今、地方創生をしたい理由】はこちら

中学生のときから始めた「ノート」

10年前の私は何を考えていたんだろう?

ノートや手帳を保管していた箱をサマリーポケットから引っ張り出してみた。コンプレックスだらけの20代。なんとか抜け出したくて、抜け出さないとなんだかわからない大きな恐怖に押しつぶされそうだった。

私にできること、苦肉の策が「書く」ことだった。変わりたい、この現実から抜け出したい。明るい将来を想像しないと、そしてその想いを言葉にして吐き出さないと、立っていられなかったんだと思う。

久しぶりにめくったページには、どこにぶつけたらいいかわからない怒り、忘れ去りたいけど忘れたくない悲しみ、他人に聞かせるには忍びない愚痴、将来への希望などが脈絡もなく、書き置いてあった。

その頃、私にとってノートとは、溢れ出てくる心の中の不安に押しつぶされないようにするための安全装置のような存在だった

初めて溢れる言葉を書きなぐったのは、中学生のとき。両親が寝静まってから、目を盗んで日本酒をお風呂でがぶ飲みした日の夜だった。翌日、気持ち悪くて朝起きると、枕元のスケッチブックにポエムが書いてあった。

あとで振り返ったり、原因追求するつもりなどなく、そのときあった出来事や感情が存在した証を残したい。吐き出してスッキリしたい。それだけだった。

写真提供/バービー