「高学歴は就職に有利」は本当か?「就職偏差値ランキング」から徹底分析する

企業はどこを見て採用をしているのか
川畑 翔太郎 プロフィール
東大、京大のように学力が高すぎる人材は、うちの仕事には興味を持たずにすぐに辞めてしまう。なので、高学歴の就活生は敬遠したい。
地方旧帝大の学生は人材レベルに対して、競合する企業が少なく、採用のコスパがいい。能力のバランスも良く、入社後の評価も高い。
入試偏差値には差があるが、早慶とMARCHは採用における評価はそこまで変わらない。
書類選考であれば、学歴は重視するが、学歴が高いとその分期待値も上がってしまうので、面接での評価は辛口になる。

このように、有名企業への就職を考えるのであれば、入試偏差値の高い大学を卒業している方が有利だということは事実だが、選ぶ職種や業種によっては「学歴フィルタ」があまり効かないことがうかがえる。

 

むしろ、単純に学歴の高い大学を選べばいいというよりも、入試偏差値に対して相対的に就職偏差値が高い大学を選ぶ方が、有名企業への就職を考えると効率的とも言える。

学歴の影響度が大きいのは「前半のみ」

ここまで学歴による就職への優位性を、データと現場感から考察してきた。結論としては、学歴(入試偏差値)が高い方が就職に有利に働く傾向があることが再確認できた。

しかし、筆者が採用現場で感じていることとしては、学歴の就職に対する影響度は「前半のみ強い」ということだ。とくに転職市場においては「常に学歴が高いほうが有利」というわけではない。

ご存じの通り、採用までには書類選考からはじまり、一次試験や二次試験、面接といった段階を踏まなければならない。学歴はファーストステップでの書類選考時ではもっとも優位性が高いが、それをピークにステップが進むにつれて、その影響度は少なくなっていく。

これは書類選考のように情報が少ない時点では、評価における学歴の占める配点が多いが、面接をするにつれコミュニケーション能力や学歴以外の評価材料が揃ってくることで、学歴の占める評価配点が下がる傾向にあるからだと考えられる。