# 銀行

銀行業界はまだ知らない…? 菅首相が「地銀再編」に動き出した「本当の狙い」

地銀再編は手段。本丸は…
橋本 卓典 プロフィール

金融庁の失敗

まず、主力の預貸業務が超低金利で成り立たなくなってしまったからだ。

かみ砕くと、大規模金融緩和によって短期で調達した預金に支払う利息と、調達した資金を長期で貸し出す金利の差(長短金利差)がほぼ消えてしまったからだ。長短金利差があったからこそ、再編で得られる規模のメリットが働く。

再編のうま味が消えてしまった以上、政府がどれだけ旗を振っても、地銀が喜んで再編に動くことは期待できない。

金融庁の失敗もある。

かつて金融庁は、都道府県をまたぐ広域再編を押し進めてきた。しかし、店舗網の整理にはつながらず、ほとんど統合効果を発揮できていないことを金融庁自身が認めざるを得なくなった。そこで近年は軌道修正し、今度は同一地域内での再編に舵を切った。

しかし、広域再編してしまった地銀の身にもなって欲しい。

 

経営統合とは、決して離婚できない結婚だ。「口車に乗って再編してみたが『失敗だったから、別のやり方にする』」と、言う側は簡単だが、実験台にされた銀行側はたまったものではない。

これを目の当たりにしている多くの地銀が再編に二の足を踏むのは、当然と言えば当然だ。地銀は誰も口にしないが知っている。金融庁が「かつての再編が失敗だった」という「落とし前」をつけていないのだ。繰り返すが、再編にやり直しはない。