〔PHOTO〕iStock

なぜ日本の少子化対策は「大失敗」だったのか?

安倍政権の総括、そこから見えたこと

7年8ヵ月という、憲政史上最長の通算・連続在任日数を記録した安倍晋三内閣が退陣した。世間の話題は、安倍内閣の路線を引き継ぐと公言し、成立した菅義偉内閣の働きぶりに移っている。

「史上最悪」だの、「アベノミクスで景気回復を達成した」だの、安倍内閣は毀誉褒貶の激しい政権ではあった。

しかし1億人を超える巨大国家における国民の生命と財産を守る仕事に専心された姿には、一国民としては、敬意と感謝と慰労の念しかない。

すでに安倍内閣に対する種々の論評は一段落した感もあるが、本稿では、改めて少子化対策という観点から、この政権の「レガシー」を評価してみたい。

〔PHOTO〕gettyimages
 

少子化対策は効果がなかった

少子化が日本で社会問題化してから、今年でちょうど30年目となる。

1990年6月9日、旧厚生省が、前年の合計特殊出生率(=女性が一生に産む子ども数の推計平均値)が当時過去最低を下回る1.57であったことを公表したこの日から、少子化は日本における最大の社会問題とみなされるようになった。おなじみの「1.57ショック」である。