私が経験していた誹謗中傷

SNSでの誹謗中傷は私自身何度も経験してきた。リアリティーショーに出演していた際も特にこれといった炎上はしたことないものの、出演中はコンスタントに「死ね」「デブ」「消えろ」といった投げやりの悲しいメッセージを毎日のように受け取った。

ハワイ版テラスハウス『ALOHA STATE』に出演していた頃のミラさん。 写真提供/長谷川ミラ

ダイレクトメッセージを介して長文で残酷な言葉を交えつつ、あたかも自分が正義のように意見をご丁寧に送ってくる人もいた。当時は19歳と若かったこともあり、見えない相手からの心ない言葉に涙を流す日もあったが、時間が過ぎると共に言われることに対し慣れが生じてしまった。

何よりも、番組に出演する以上、どこかで「しょうがない」「ある程度は我慢しなければいけないものだ」と頭で処理するようになった。もし、ここで何かアクションを起こしていれば……気付いていれば……。

私の中での「たられば」はいつまでも続いている。