2016年から2017年まで放送のハワイ版テラスハウス『ALOHA STATE』に出演していた経歴を持つ、モデルの長谷川ミラさん。南アフリカ人(ドイツ系アイルランド系)の父と日本人の母を持つ自身のバックボーンを生かし、モデルの仕事と並行して、ジェンダーや環境問題、フェミニズムなどさまざまな社会問題に関しても活動している。

そんな彼女が、発信する連載「日本人として思うこと」の第4回。今回は、「SNSでの誹謗中傷」について。

自身も「テラスハウス」に出演していた際に多くの中傷を受けていたというミラさんが、同番組に出演していた木村花さんの痛ましい出来事を受けて今感じていること、また近年相次いで問題になっているSNSいじめの現状を受けて、社会がどのような対策を講じているのかを文章にまとめ綴ってくださいました。

長谷川ミラさんのほかの記事はこちら

すべて、他人事ではなかった

2019年からここ最近を見ただけでも、ネット特にSNSを介した有名人の匿名による誹謗中傷がもはや当たり前になってきている。2019年には日本でも活躍をされていた、お隣韓国の大人気アイドルグループ「KARA」出身の歌手兼女優の故ク・ハラさんも自ら命を絶ったと報じられた。元恋人からのリベンジポルノがきっかけで執拗に誹謗中傷されたことが原因とみられている。

ハラさんは「ひと言の言葉で人を殺すことも生かすこともできる」などとSNSでの誹謗中傷を批判していた。K-POPの10年来のオタクでありKARAのファンクラブに入っていた時代もある私にとって、立て続けに起きてしまった韓国アイドルの自殺問題は人ごとではなくなっていた。

そしてリアリティ番組「テラスハウス」に出演中だった女子プロレスラー木村花さんが亡くなったという悲報が5月下旬にあり、約3ヵ月が経過した。SNSによる誹謗中傷を苦にしたと言われており、現在お母様の響子さんもSNSやメディアで花さんの名誉をきちんと守るため、そして二度と同じような悲劇が起こらないようにするために活動を続けている。

5月23日に22歳の若さでこの世を去った女子プロレスラーの木村花さん。海外にも多くのファンがいる木村さんは、プロレス業界で国際的な活躍が期待されていた方だった。Photo by gettyimages

私自身も2017年に出演していた番組の同じ出演者と同い年という点という2つの共通点があることもあり、面識はないもののこの訃報を聞いたときは虚しさと悔しさで溢れた。

番組内での、出演者同士のトラブルが放送された後の8月下旬未明には、
《毎日100件近く率直な意見。傷付いたのは否定できなかったから。死ね、気持ち悪い、消えろ、今までずっと私が1番私に思ってました》
と花さんはSNSを通じて発信していた。

今回の“事件”に関して、私も出演していたテラスハウスALOHA STATE編の元出演者の多くは自分達も一出演者として、「誹謗中傷経験者」として、とてもショックだった。花さんより先に経験したものとして誹謗中傷を「しょうがないもの」として受け入れるのではなく、対応の仕方や、何らかの対策を打って欲しいと、制作会社に訴える事は出来たのではないか……そんな風に悔やんでいるメンバーは、私を含めてとても多い。