Photo by GettyImages
# 新型コロナウイルス

「新型コロナは空気感染する?しない?」で世界が大混乱…!一体何を信じれば

9ヵ月経っても“答え”は出ず…

突然の警告撤回…米CDCの迷走

新型コロナウイルスは空気感染するのか――。感染拡大の防止に大きな影響を与えるこの問題について、見解が迷走している。

9月18日、CDC(米疾病対策センター)は公式サイト上の新型コロナウイルスに関するガイダンスを改訂し、「一般的に呼吸などによって空気中に漂う飛沫や微粒子を通じて拡散し得る」と“空気感染”を認めた。

Photo by GettyImages
 

CDCはそれまで「新型コロナウイルスは主に至近距離(6フィート=約1.8メートル)での人と人との接触や、感染者のせき、くしゃみ、発話によって飛び散る飛沫を通じて感染し、密接な接触のあった人同士で感染するのが最も一般的」としていた。

しかし、新たなガイダンスでは、「感染者がせき、くしゃみ、発話、呼吸をした際に発生する呼吸器の飛沫やエアロゾルに含まれる形などの微粒子を通じて拡散することも分かっている」とした上で、「新型コロナウイルスを含む空気を浮遊するウイルスは特に感染力が強く、簡単に拡散する」との記述を付け加えた。

その上で、「飛沫や大気中の粒子は空気中に滞留して他人に吸い込まれる可能性があり、6フィート以上の距離にも届くことを裏付ける証拠は増えている」とし、新たな感染対策として「可能な限り、他人から少なくとも6フィート以上離れる」ことを上げ、「屋内では浮遊菌を減らすために空気清浄機を使うこと」を勧告している。

ところが9月21日、“舌の根の乾かぬ内”にCDCはこのガイダンスの空気感染に関する部分について“撤回”した。