〔PHOTO〕iStock

「自分はちゃんと評価されてない」…文句ばかりの「勘違い中年会社員」を襲う悲劇

怒って会社を飛び出すと大変なことに…

独立を目指す会社員が増えて来たが…

東京商工リサーチが7月3日に発表したところによると、2020年上半期に早期・希望退職者募集を実施した上場企業は41社となったそうです。これは、すでに2019年1年間の件数35社を6社上回っており、上半期で40社を超えるのは、リーマンショック後の2010年上半期の66社以来、10年ぶりとのことです。

こうした背景があるからでしょうか、昨年の後半以降、在職中の会社への不満から転職や資格取得による独立を目指すという40〜50代の相談者が増えてきました。

会社への不満と言えば、給料の問題や上司との人間関係を想像しがちですが、こうした独立や転職を考える人の相談では、こうした不満は実は多くありません。彼らの不満というのは、会社側の評価と自分の実績(への評価)に大きなギャップがあり、それが許せないということなのです。

〔PHOTO〕iStock
 

私は本来、退職するのに相応しい状況ではないにもかかわらず会社への感情的な不満から早まった退職をしてしまったために不幸なその後を送っている人を少なからず見てきました。また、会社から早期退職を強要されているが、その理由に納得できないという人からの相談を受けることも少なくありません。

しかし、そうした相談者の言葉にやや疑問を感じることがあるのも事実です。つまり、会社への不満が、本人の誤解に基づくもの、もっと言えば勝手な思い込みである場合というわけです。当然、そうした勝手な思い込みで会社を飛び出してもいい結果は得られません。

そこで今回は、「組織への貢献度の認識のギャップ」の事例を中心に、本人が分析する自己評価と、会社が下す評価のギャップが原因の不幸な事例を紹介していきたいと思います。