ザ・タイガース。左から森本太郎、瞳みのる、沢田研二、加橋かつみ、岸部修三(一徳)

岸部四郎、マモル・マヌーともに71歳の死…「GSブーム」とは何だったのか

若者たちが熱狂したあの時代

9月16日、元ザ・タイガースのメンバーでタレントの岸部四郎が、8月28日、拡張型心筋症による急性心不全のため、千葉県内の病院で死去していたことが報道された。同月12日には、元ザ・ゴールデン・カップスのマモル・マヌーが、9月1日に心筋梗塞のために急逝したという悲報が入っていた。

ともに71歳という若さだった。

GS(グループ・サウンズ)ブームの頂点を極めたザ・タイガース、そして通好みと言われたザ・ゴールデン・カップスは、ブームを牽引した代表的なグループであった。

 

日本におけるバンドスタイルの原型

1967年から1969年にかけて、日本の音楽シーンにはGSという一大ブームが巻き起こった。これはエレキギターやエレキベースなどの電気楽器、ドラムという編成で演奏する4〜6人のグループのこと。今では当たり前になったバンドスタイルの日本における原型といえるものだった。

当時注目された欧米のベンチャーズ、ビートルズ、ローリング・ストーンズなどの影響とされ、次々と新たなグループが誕生し、十代の若い女性を中心に熱狂的なファンが急増した。また、長髪やエレキギターなどが不良、非行に結びつけられ、一般社会や学校などの風当たりも強かった。中には、コンサートに行った生徒には、停学または退学処分を下される学校もあり、ある種の社会問題とまで言われた。

初期には、田辺昭知とザ・スパイダース(堺正章、井上順、かまやつひろしなどが在籍)、ジャッキー吉川とブルーコメッツなどが人気を集め、ブームの中期から後期には、ザ・タイガース、ザ・テンプターズ、オックスなどが人気GSとなり、絶頂を極めた。

また一方で、ブルージーなロックやR&Bをレパートリーとしていたザ・ゴールデン・カップスやザ・カーナビーツなども、音楽好きのファンから絶大な人気を集めた。