みんなの幸せのために
挑戦を続けるレストラン

もとは家具屋だったという巨大な建物をリノベーションした広々とした空間。/星月夜 愛知県犬山市大字犬山字西古券92 ☎0568-54-3473

お昼ごはんは、加藤俊介さん・里奈さん夫妻が営む〈星月夜〉へ。

「出身地が同じことを知って、共通の友人が紹介してくれたんです。同じ場所で育って、同じ飲食を仕事にしていて、歳も近い。理想や目標が共通している部分もあって、最初から意気投合しました。彼らがディレクションしている三重のオーガニックマーケットに参加したことも」

卵、乳製品などの動物性原料や白砂糖を使わず、季節の果物やオーガニック食材を使って作られたデザート。やさしい味わいとロマンチックなルックスに心が躍る。

〈星月夜〉は動物性の食材を使わないヴィーガンレストランで、自分たちで育てた無農薬のお米や、実際に生産者を訪ねて選んだ伝統製法で作られた調味料を使った料理を提供している。無農薬野菜をはじめとしたこだわりの食材を使った料理を俊介さんが担当し、里奈さんがデザートや焼き菓子を担当。

友人でもある〈星月夜〉オーナー夫妻。「お米を炊くとき、『おいしいお米が炊けますように』って唱えながら、スタッフみんなで手を合わせていました。なんだかいいですよね」と長田さん。

「彼ら自身はヴィーガンではなく、“どんな人も一緒に楽しめる食事を”という豊かな考え方から菜食レストランを営んでいます。そんな彼らの挑戦や、環境への意識の高さは本当に尊敬しちゃう。料理やお菓子に対する美学も魅力的です」

以前は陶芸をしていた里奈さんが選ぶ器も素敵で、2階では不定期で器の展示などを開催しているとか。

PROFILE

長田佳子 Kako Osada
foodremediesという屋号で活動する菓子研究家。心と体に優しく寄り添うお菓子は、ひと口食べるとほっとする味わい。著書に『foodremediesのお菓子』(地球丸)、『全粒粉が香る軽やかなお菓子』(文化出版局)などがある。


●情報は、2020年4月現在のものです。
※本記事内の価格は、すべて税込み価格です。
Photo:Norio Kidera Text:Shiori Fujii Edit:Chizuru Atsuta