猫の妖怪「猫又」が実在?!

「熱海に、どうも“猫又”が住んでいるらしい」……。
猫又とは、日本各地の民話などに登場する怪談にという登場する猫の妖怪で、諸説色々あるが、尻尾がふたつに分かれているとも言われている。
そんな、猫又が現代に存在するのか!? 

SNSに写真があるというので、調べて見て驚いた。確かにいる! 猫とは思えないなんともいえない立ち姿にSNSの写真を二度見、いや四度見しまう。写真の多くは立っているとよりも踊っているようにも見える。その姿は、幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師の河鍋暁斎が描いた『猫又と狸』のポーズさながらの腰のひねりも利いている。

さらに、猫好きにファンが多い幕末の浮世絵師・歌川国芳が描いた『見立東海道五拾三次岡部 猫石 由来』で描かれる『猫又踊り』のような絶妙な足さばきまで披露しているではないか! そして、歌舞伎の隈取を思わせるような個性的な顔立ち……。浮世絵からそのまま飛び出したように決めているこの猫たちは一体……!?

この腰のひねりとキレ。まさに猫又ポーズ。写真提供/Muddy Cat(山村さん)
こちらは猫又ではないが、歌川国芳が描いたさまざまな猫のポーズ。模様からしてやっぱり彼らはリアルな猫又…? Photo by: Sepia Times/Universal Images Group via Getty Images