2020.09.25

賢い人は、肉をこうやって食べて「ダイエット+若返り」に活かしている

ただし焼肉にライス!はやめておこう
国府田 淳 プロフィール

★今すぐ実践できる! 200冊から導き出した「肉」の食べ方
◎肉を食べるときは、鶏肉→豚肉→牛肉の順に健康効果が高いことを意識する
◎鶏肉ならささみやむね、牛や豚ならヒレというように、脂の少ない部位を選ぶ
◎肉を食べるときは野菜も食べる。ご飯などの糖質とは一緒に食べない
◎否定派の主張が気になるなら、肉の量を減らして体調を見よう

 

ちなみに、私の食べ方は……

私はヴィーガンやベジタリアンの時期もありましたが、現在は、たまに肉も食べる「フレキシタリアン」にスイッチしました。肉を食べなくても不調はなく、むしろ体が軽くなり、便通が良くなり、吹き出物なども減りました。

肉を食べるのは週に2〜3回程度で、量はかなり少なくしています。鶏肉を中心に、また豚肉や牛肉もヒレを中心にして脂の少ない部位を食べるようにしています。今のところ調子は良いですが、量に関しては、まだまだ検討の余地があるかもしれません。

レストランでコース料理をいただく際は、肉はレストランの自信作であることが多いので、なるべく食べるようにしています。以前は魚や野菜に変更してもらうこともありましたが、コースの完成度は下がる傾向がありましたので、今では変更せず、シェフのとっておきを楽しんでいます。「食の楽しみ」という観点で、精神的に良い作用があると考えています。

肉が大好きな人は多いが、動物性脂肪が気になったり、ガンのリスクが上がるのではないかと心配したりする人もおられるだろう。世にあふれる「食の健康本」にはどう書いてあるのだろうか。プロの編集目線で健康本を分析した国府田淳氏の『健康本200冊を読み倒し、自身で人体実験してわかった 食事法の最適解』からご紹介しよう。こうすれば肉の食べ方にもう迷いはなくなるはずだ。

関連記事