有力な日本人メンバーの脱落にファン騒然

新グループは7人と決まっている。ファイナルステージでは世界170カ国以上の視聴者による投票によって上位6位が決められ、残る1枠はプロデューサー陣によって選出されることとなった。

その直前の、プロデューサー陣の評価によってのみ選ばれるセミファイナルステージでは、1位がケイ、2位がニキだったため、多くの人がデビューメンバーには日本人2人が選ばれると思っていた。しかし、最終回で大きな番狂わせが起きる。セミファイナルで9位だったメンバーのジョンウォンが視聴者投票によって1位になり、1位だったケイが視聴者投票で7位になってしまったのだ(ニキは視聴者投票で4位)。

ファイナルでパフォーマスを終えた9人〔PHOTO〕I-LAND公式Twitterより

それでも順当にいけば、ケイは7人目のメンバーとなれる可能性はあった。しかし、最後の一人に選ばれたのはケイではなく、視聴者投票で8位のソヌだった。セミファイナルでプロデューサー陣から1位に選ばれ、ファイナルの視聴者投票で7位だったにもかかわらず、ケイが最終的にプロデューサー陣の判断によってデビューメンバーに選ばれなかったことは、ファンだけでなくメンバーにとっても大きな衝撃だった。

残念ながらデビューメンバーに選ばれなかったケイ〔PHOTO〕I-LAND公式Twitterより

Twitterには放送直後から、「#Bring_K_Back」「#K_WE_LOVE_U」「#ケイくん抱きしめ隊」などのハッシュタグが溢れ、「Change.org」でケイの復活を願う署名運動まで起こっている。

プロデューサー陣は上位6人の顔ぶれを見て、グループとしてのバランスを考えてソヌを選んだのだろうが、それまでのチーム戦でケイが何度もセンターを努め、メンバーの中で最年長(22歳)の兄貴分としてまとめ役を担ってきた実績を考えると、疑問に思うファンがいるのも頷ける。