追い詰められてきた文在寅 photo/gettyimages
# 韓国

文在寅が「万事休す」へ…韓国で急浮上した「タマネギ女疑惑」のヤバすぎる末路

韓国主要メディアも批判を始めた

文在寅政権に「新疑惑」が急浮上…!

文在寅大統領は、「タマネギ男」と呼ばれるチョ・グク前法務部長官の不正を可能な限りもみ消すために秋美愛(チュ・ミエ)前共に民主党代表を法務部長官に任命した。そんな秋長官は検察改革を錦の御旗に強権をふるって検察の牙を抜き、チョ・グク氏をかばい続けた。

しかし、いまやそんな秋氏自身のスキャンダルが文政権の命運を握るほどに拡散しており、韓国のメディアも「第2のチョ・グク氏」「タマネギ女」だと皮肉っている。これが文在政権の断末魔となる可能性もある。

支持率も落ちてきた文在寅 photo/gettyimages
 

秋長官は、息子S氏の陸軍入隊の際は配属などで優遇していたのか、休暇を不正に延長したのか、それに自身が関与してきたのかが問題となるやこれを隠蔽するため、発言が再三変わり、その信ぴょう性に疑念がもたれている。また、疑惑の当事者である長官が検察の人事権や指揮権の発動によって捜査に介入することで、事件の隠ぺいを図ろうとしている。

秋氏が与党の前代表だったこともあり、政府与党は秋氏を全面的に支援し、庇う姿勢を示している。

保守系メディアはまた、秋長官が倒れると文在寅政権に対する捜査が再開され、今後の政治日程に多大な影響がでると与党が危機感を滲ませているからだと報じている。