元エミレーツ航空のCAでオンライン英会話スクール講師のmamiさんは、これまでの経験を活かし、長々と綴られて伝わりにくかった英文を1語か2語に簡略化した「短い英語」を推奨。これが「失礼なく誰にでも伝わる!」と大反響なのです。mamiさんの著書『1回で伝わる 短い英語』は累計3万部を突破し、使えるフレーズを随時アップしているInstagram「超絶シンプル英会話 @english.eikaiwa」は現在フォロワー数10万人以上!

FRaU webでは、mamiさん監修「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」を毎週金曜日に更新! 今回は、外国人に目的地までの行き方をやや曖昧に聞かれたときに使えるフレーズをご紹介します。

今までの英会話レッスンはこちら▶︎

★mami流・英語を話すときの心得★
「間違えないように言わなきゃ」と気負う必要は全くありません。一番大事なのは「相手に伝えること」。カタコト英語でも問題ナシ! 「英語がしゃべれないから...」と、困っている外国人を見て見ぬふりせず、積極的に話してみましょう。

「◯◯まで行きたいのですが……」 と聞かれたときに使えるフレーズ

“ I wanna go to Shinagawa station? ”
「品川駅に行きたいのですが……」外国人に道のりや目的地までの行き方を聞かれたとき、このようなフレーズで聞かれたりします。さぁ、どうやって答えればよいでしょうか?

【1】 I’ll show you.
案内しますよ。

【解説】目的地まで案内してあげたいときに使えるフレーズです。「show」は「見せる」という意味で習った方が多いと思いますが、このように「案内する」という意味で使われることもよくあります。

【2】 Get off at 〇〇.
◯◯で降りてください。

【解説】駅やバス停などて聞かれたときに使えるフレーズ。○○には駅名などを入れましょう。「get off」は「(電車やバスから)降りる」という意味でよく使われます。前置詞「at」(~で)とセットで覚えておくと便利ですよ。

【3】 It’s the next stop.
次の駅ですよ。

【解説】電車内やホームで聞かれたときに、このフレーズと「It’s two stops from here.」(ここから2駅ですよ)の数字の部分を入れ替えて使うパターンを覚えれば、「あと〇駅で目的地です」と説明したいときに役立ちます。

今週はここまで。mamiさん監修「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」は毎週金曜日に更新!

\毎日18時に今日の問題が届く/
LINE「身につく英会話 無料講座」▶

\使えるフレーズを日々アップ/
Instagram「超絶シンプル英会話」▶

\スマホで楽々、英語が身につく/
mami公式「オンライン英会話スクール」▶

1回で伝わる 短い英語(KADOKAWA)
非ネイティブが7割を占める現代では、ペラペラと流暢な英語を話しても、通じないことがほとんど。反対に、誰にでも伝わる短い英語を身につける必要があります。ドバイのエミレーツ航空でCAとして何万回とリアルな英会話を実践してきた著者が、現地で聞いて、使って、通じた、本当に必要な「短い英語」をセレクト。日常会話、海外旅行、接客。あらゆるシーンで使える短い英語をカバーしています。