「たったこれだけで伝わるの?」と思ってしまう超絶シンプルなフレーズを推奨する、オンライン英会話スクール講師のmamiさん。Instagram「超絶シンプル英会話 @english.eikaiwa」では使えるフレーズを随時アップし、そのフォロワー数は10万人以上。著書『1回で伝わる 短い英語』は累計3万部を突破!

そんなmamiさんのFRaU web連載「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」では、来日した外国人に話しかけられたときや、自分が海外で何かを尋ねるときに使える英語を毎週金曜日にお届けしています。今回は、駅のホームや改札付近で電車の行き先を聞かれたときに使える返答フレーズをご紹介します。

今までの英会話レッスンはこちら▶︎

★mami流・英語を話すときの心得★
「間違えないように言わなきゃ」と気負う必要は全くありません。一番大事なのは「相手に伝えること」。カタコト英語でも問題ナシ! 「英語がしゃべれないから...」と、困っている外国人を見て見ぬふりせず、積極的に話してみましょう。

「この電車は◯◯まで行きますか?(停まりますか?)」 と聞かれたときに使えるフレーズ

“ Does this train stop at Shinagawa station?
「この電車は品川駅に停まりますか?」と、駅で外国人に電車の行き先や停車駅を聞かれた! 初心者でもすぐに話せるとっさの一言をご紹介します。

【1】 I think so.
だと思いますよ。

【解説】Yes/Noの返答だけで終わってしまいがちですが、英語の「はい/いいえ」の返答にもいろいろな言い方があります。100%自信を持って言えない……でも合ってるんじゃないかな、という微妙なニュアンスで伝えたい時に役立つフレーズです

【2】 No, it’s the opposite.
いいえ、反対方向の電車ですよ。

【解説】「It's on the opposite side.」を省略したフレーズです。「opposite」=「反対の」という単語を使っており、駅での会話以外にも、道案内や日常のさまざまなシーンで使える単語です。

【3】No, take that one.
いいえ、あれに乗ってください。

【解説】このときの「one」は「(数字の)1」ではなく、「あれ/それ」という意味になります。対象の物を指差しながら使うフレーズです。近くの物を言いたいときは、代わりに「this one」=「これ」を使います。

.                

今週はここまで。mamiさん監修「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」は毎週金曜日に更新!

\毎日18時に今日の問題が届く/
LINE「身につく英会話 無料講座」▶

\使えるフレーズを日々アップ/
Instagram「超絶シンプル英会話」▶

\スマホで楽々、英語が身につく/
mami公式「オンライン英会話スクール」▶

1回で伝わる 短い英語(KADOKAWA)
非ネイティブが7割を占める現代では、ペラペラと流暢な英語を話しても、通じないことがほとんど。反対に、誰にでも伝わる短い英語を身につける必要があります。ドバイのエミレーツ航空でCAとして何万回とリアルな英会話を実践してきた著者が、現地で聞いて、使って、通じた、本当に必要な「短い英語」をセレクト。日常会話、海外旅行、接客。あらゆるシーンで使える短い英語をカバーしています。