筆者は10代後半から30代前半までをアメリカで過ごし、13年前に帰国した。そのときに感じたのは、やっぱり日本はアメリカと比べると、ずっと住みやすい国だということ。日本では暗い夜道を歩くときでも、後ろに誰かついて来てないかとバッグを胸に抱えて警戒しなくてもよいし、アパートを修理に来る人にアポをすっぽかされることもない。思い立ったらすぐに医者や歯医者に行ける。

でも、日本にいると「本当に女は損だ!」と無性に腹が立つことがよくある。日本の女性は、特にリプロダクティブ・ヘルス(性や生殖における健康)の分野において、“無駄な痛み”を感じる機会があまりに多すぎるように思う。私が感じた3つの痛みについてお話ししたい。

1:生理の痛み

まず挙げたいのは、生理の痛みだ。筆者はアメリカでは、大学生の頃から避妊注射を受けていた。なぜかというと、周りの女友だちの全員が避妊用ピルを飲むか、避妊注射、もしくは避妊インプラントをしていたからだ。もちろんHIVや性感染症に感染しないためにコンドームも併用していたが、当時住んでいたニューヨークではキャリア志向の女性が多かったからか、妊娠の不安は限りなくゼロに近づけるのが、未婚女性としての常識だった。

私がしていた注射は、一般的に「バースコントロール・ショット」と呼ばれ、正式名は「Depo-Provera」という。12週間毎に受けるホルモン注射で、きちんと頻度を守れば妊娠阻止率は99%と、ピルと同等の避妊効果をもつ。また同時に、生理を止める作用もある。注射を始めるにつれ生理の出血の頻度や出血の量が減り、1年後には約半分の女性に生理がまったくこなくなるといわれている(Planned ParenthoodのHPより)。私も1年ほどで生理がピタリとこなくなった。

〔PHOTO〕iStock

副作用として、生理期間が長くなる、生理期間の間に起こるポツポツという出血(スポッティング)、吐き気、体重増加、乳房の痛み、注射跡に残る薄い打撲傷、注射跡に起こる皮膚の小さな凹み(稀なケース)などがあるが、私と友人達が感じたものは、「スポッティング」「注射跡に残る薄い打撲傷」がほとんどだった(もちろん、副作用には個人差があるので一概には言えない)。

生理がこないということは、毎月の出血や、ナプキンやタンポンの使用から来る不快感や肌かぶれ、生理痛から開放される、ということである。避妊注射が認可されていない日本にいるいま、この「生理からの自由」は本当に尊いものだった、とつくづく思う。