Photo by gettyimages

新首相・菅義偉氏が、韓国・文在寅大統領に「強い怒り」を抱いた理由

新政権でも、日韓はすれ違う

「GSOMIA破棄」の悪夢が再び…

9月14日の自民党総裁選で、菅義偉前官房長官が国会議員票394と地方票141の計535票のうち377票を獲得して圧勝、第26代総裁に選出された。菅氏は16日、国会で首相に指名され組閣を行った。2012年12月以来、7年9ヵ月ぶりに起きた日本の首相交代だが、安倍政権から菅政権になっても、日本と韓国や北朝鮮との関係は前途多難と言えそうだ。

今、日韓関係を巡っては、一部の関係者が「1年前の悪夢の再来」を懸念している。悪夢とは、昨年8月に韓国大統領府が発表した日韓の包括的軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄宣言を巡るすれ違いだ。

Photo by gettyimages
 

韓国政府は当時、文在寅大統領が8月15日に行った日本統治時代からの解放を祝う光復節記念演説で「今からでも日本が対話と協力の道に乗り出すなら、われわれは喜んで手を取り合う」と呼びかけた。直前に、日本による韓国向け輸出管理措置の厳格化が発表されていたが、韓国として精いっぱいの誠意をみせる意図があったという。

韓国はこの演説と前後し、趙世瑛(チョ・セヨン)第1外務次官や韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(いずれも当時)が極秘に来日し、日本側と対話に基づく解決策を探った。

だが、韓国側は、日本企業が元徴用工らに損害賠償を支払うよう命じた韓国大法院(最高裁)判決には介入できないとの立場を維持したため、日本側は韓国の働きかけを取り合わなかった。結局、韓国内で「こんなに誠意を示しているのに、日本はひどい。信頼関係がないから輸出管理措置をとるというなら、GSOMIAも破棄してしまえ」という流れになってしまった。

安倍晋三前首相が退陣を表明した今年8月28日、韓国大統領府は「長い間、韓日両国の関係発展のため多くの役割を果たしてきた安倍首相の突然の辞任発表を残念に思う」などとする報道官コメントを発表した。だが、日本の首相官邸はこれに何の反応も示さなかった。