ダマされるな…マンション購入「5〜10年後にやって来る意外な落とし穴」

年収数百万円台での購入には要注意
山下 和之 プロフィール

「均等積立方式」と「段階増額積立方式」

一方、マンションでは日常の維持管理のほかに、建物や外壁、屋上、エントランスなどの共用部分を維持していくために定期的な大規模修繕が欠かせない。そのために必要な費用を、所有者がやはり専有面積割合に応じて負担していくのが修繕積立金だ。

図表1のオレンジの折れ線グラフをみると、建築年別への修繕積立金が年々減少しているが、これは、大規模修繕にかかる費用が安くなってからではない。むしろ、人件費や資材費の高騰などで、かかる費用は年々高くなっている。

 

にもかかわらず、安くなっているのには理由がある。それを理解するために、この修繕積立金の徴収方法には、「均等積立方式」と「段階増額積立方式」があることを知っておく必要がある。

まず、「均等積立方式」というのは、25年、30年などの長期修繕計画に必要な費用を見積もり、当初からそれに必要な金額を均等に徴収していくという方式になる。30年間にかかる1戸当たりの大規模修繕費用が1000万円とすれば、それを30年間で均等割りして、月額2万7777円ずつ集めていくという形だ。